Ghost in the Shell

ゴーストインザシェルを観た。
予告編を観て、結構期待していたのだけれども、、、
確かにCGはすごかったが、やはり映画にするのは難しい。

結局攻殻機動隊の世界観を完全再現すると
各キャラクターの人格背景をしっかり説明しないといけないので、
映画だとそこをはしょらないといけない。

でもそうなると、わかりやすい性格とか悩みに変換しないといけないので、
結局大佐の性格がアニメと違う感じになり、一気に作品の魅力を下げる。

機械の体と人間であることの乖離についてのペラい悩みを持った弱い人間みたいな
キャラクター設定だったため、薄いストーリーになって、
攻殻機動隊であってそうでないものができてしまった印象。

お金もかかっていて、映像もがんばっていそうだったのに、
とんがりきれず、、、ハリウッド映画あるあるになってしまったか。
もったいなかったなぁ。

★★★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です