manbiki kazoku

「万引き家族」を観た。

家族とは何か?という根本的な問いに対して、なんだと思う?って言われているような映画だった。

社会的には底辺の生活。家族では無い人々が、居場所やお金目当てに集まっているが、、、
私欲(お金や居場所)と秘密と愛の絶妙なバランスで家族のように支え合っている。

一人の少女をひろってきたことにより、
そのバランスが崩れた時、隠れていた愛の本当の姿が見えてくる。

安藤サクラの演技力が爆発している!

そして、リリーフランキー、樹木希林、松岡 茉優 いずれも隙の無い演技。
登場人物が少ない映画だが、ゆえにひとりひとりの演技力が際立ち、
より深みを与えている。

虐待問題が最近も話題になっているが、せっかく生まれてきても愛されず、放棄される子供達の問題。
それ以前に、少子化や未婚率があがっている今の日本において、
家族とはということを深く考えさせられる。

★★★★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です