SHIOTA CHIHARU

先日 塩田千春 魂がふるえる展 へ

塩田千春

1972 年大阪生まれ、ベルリン在住。2008年、芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。南オーストラリア美術館(2018年)、ヨークシャー彫刻公園(2018年)、スミソニアン博物館アーサー・M・サックラー・ギャラリー(2014年)、高知県立美術館(2013年)、丸亀市猪熊弦一郎現代美術館(2012年)、国立国際美術館(2008年)を含む世界各地での個展のほか、シドニー・ビエンナーレ(2016年)、キエフ国際現代美術ビエンナーレ(2012年)、横浜トリエンナーレ(2001年)など国際展参加も多数。2015年には第56回べネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館代表。※森美術館HPより抜粋

初期作品から最新作品までが網羅的に展示されているが、

やはりすごいのは糸を使った大空間。人のつながりや血のような赤い糸や焼けたような黒い糸の空間は圧倒的な没入感がある。

先日のボルタンスキー展は死を見つめ続けて、人間の膨大なメモリーを俯瞰しつつ見つめるような、静の空間だった。

こちらの塩田千春展では、血や皮膚、肉といった人の肉体のつながりを意識させて生命と動を感じる展示だった。

近いテーマを感じつつもアーティストによる人生経験とその咀嚼と表現の差が興味深かい。

両方とも六本木開催なので両方を見てみるのもおすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です