Posts By isax

Yves Saint Laurent

映画「イヴ・サンローラン」(2010年公開)を観た。

イヴ・サンローランの生涯のパートナー、ピエール・ベルジェが語る二人の深い愛とイヴの孤独を振り返る物語。2008年にイヴが亡くなった後に撮った作品。

Diorのデザイナーとして彗星のごとく現れた一人の青年が、瞬く間にスターデザイナーになり、YSLを立ち上げて成功し、衰退していくまでの時の流れを、イヴのすぐそばで共に歩んできたパートナーが語る内容となっている。

この映画ではその人生の歩みももちろん興味深いが、ファッションの部分だけでなく二人が所有した膨大なアートや美しい家にもスポットが当たっている。

最愛のパートナーとして互いに依存するようにいた二人が、信じられないような価値のあるアートが所狭しと並び、外界と遮断された高貴で神秘的で咽ぶような豪邸でどのような暮らしをしていたのかを想像しながら観ることができる。

特にアートについては圧巻で、2009年にクリスティーズ・パリで行われた「イヴ・サンローランとピエール・ベルジェ」コレクションでは、それまでの個人によるオークションの落札総額の最高額を更新。トータル落札価格4億4300万ドル(約448億円)は当時ニュース等で大きく取り扱われた。

映像の中でも、ピカソ、マティス、ロートレック、ピエト・モンドリアン、マルセル・デュシャン、ウォーホール、フェルナン・レジェなどなど錚々たるアーティストのアートが並ぶ。

印象的だったのは、オークションの準備に向けて、その邸宅の中から次々と美術品が運び出されていく時のピエール・ベルジェの哀愁。二人の歩んできた時間と濃度がよく伝わる。最愛のパートナーが付き添っていたが、イヴは最後まで孤独を抱えて生きた。才能があるが故の孤独、そしてそれが故に荒れていく生活。孤高と孤独の間に生きた一人の天才とそれを理解しそばに付き添い続けたパートーナーの哀愁が膨大な美術品と世界中にあるすばらしい屋敷を通して感じる作品だった。

ピエール・ベルジェは2017年9月に、闘病の末死去。

モロッコのマラケシュとパリにあるサンローラン美術館がもう少しでできるというところだった。最後までパートナーを想った人生だった。

個人的にはとても興味深い作品だった。イヴ・サンローラン関連の映画は他にも公開されているので観てみたいと思った。

★★★

SENSE OF HUMOR

先日、21_21 DESIGN SIGHT で開催中の「ユーモアてん」に立ち寄った。

http://www.2121designsight.jp/program/humor/

こちらの展示。ディレクターは浅葉克己さん。

ユーモア展とはしているが、浅葉さんが世界各地で集めてきた、そして体験してきた様々なものを一堂に展示していたり、浅葉さんそのものの展示会と言った感じだ。

また、さまざまなアーティストやディレクターの作品が、ユーモアという視点で集められていて目が楽しい展示会になっている。

浅葉さんや細谷さんがライパブで手がけた往年のさまざまな広告の展示があると思えば、浅葉さんと親交が深いロンアラッドの作品などもある。(ロンアラッドは基本的に椅子やオブジェのイメージなので、こういった作品は個人的には興味深かった)

福田繁雄さんの視差を利用した作品、中村至男さんのフラットで印象的なイラスト作品、井上嗣也さんのポスター、仲條正義さんの作品などなども楽しい。

そしてもう一つの側面として、浅葉さん自身の趣味の側面とも言える

卓球 と トンパ文字 これらについても展示されている。

会場には大きな卓球台(フランスのアートディレクター、ダミアン・プーランデザイン)も置かれていて自由に遊べる。GWには卓球大会も開かれたとか、、。

難しい哲学的な展示も面白いけれども、こういったおもちゃ箱をひっくり返したような展示も楽しくて良いなぁと思った。

次は、井上嗣也さんのgggの展示に行ってみたいなぁ。

Ai ga nanda

映画、「愛がなんだ」 をみた。

こちらの映画70館くらいから始まり、口コミで人気が広がり、140館くらいまで広がりを見せている。

知人がプロデューサーをしている映画で、面白そうだったので観た。

好きな人のために いいなりの都合のいい女になってしまっている主人公。

逆に自分を好いてくれる男を都合のいいように振り回す、主人公の親友。

そして、主人公の好きな男もまた、好きな人に振り回される。

登場人物のそれぞれが、恋愛に振り回されて、もやもやとしながらも日々は過ぎていく映画。

20代後半から30代の、もやもやした恋愛体験が追体験できる映画。

仕事と恋愛のバランスだったり、結婚への意識だったり、そういったこと全部から逃げたい現実逃避感だったり、自分の能力への自信や不安だったり、その空気感がうまく表現できている映画だった。

女子におすすめ。

Helvetica Now

なんと、ヘルベチカの進化版、Helvetica Now がついに発売。

世界中の交通機関やさまざまなサイン、企業ロゴに使われ、今なおフォントの王様ヘルベチカ。そんなフォントの最新版がリリースということでデザイン界ではBig News となっている。

現代の使用用途に合わせて改善したHelvetica Now は、webを含めたあらゆるデバイスやメディアで使われることを想定し、使用サイズによる読みやすさを追求し、Display / Text / Micro の3サイズ展開をしている。従来あったオリジナルをより現代版にアップグレードした感じだ。

Helveticaは水のようだ。 

Helveticaについて表現した有名な言葉だが、それこそDIN やNeutraface、 Klavika のような様々な現代らしいサンセリフ書体が溢れるこの時代にHelveticaがまた唯一無二のスタンダードで水のような存在になるのか楽しみなところだ。

早速手にいれたいので、また使ってみたら感想を書きたい。

これから、めちゃくちゃ使うことになりそうだなぁ、、、。

https://www.monotype.com/fonts/helvetica-now/

Helvetica Now from Monotype on Vimeo.

VIVIVIT TEN

先日、優秀な新卒デザイナーに会うべく選ばれし美大生の作品を展示するvivivit展へ。

学生時代からかなりやり込んでいる人が多く、話ができてよかった。この中のなるべく多くの学生に応募してもらえるといいなぁと思った。

今の学生の作品はグラフィックに止まることはまずなく。web展開はもちろん、アプリ、実体験のイベント、空間、動画制作など幅の広いクリエイションの作品作りが当たり前になっている。

AIがデザインの領域にも入ってきていて、メディアをまたいだ総合的なクリエイティブの考え方が求められている時代。

当たり前にスマホやSNSを使って育ってきた彼らが、どんなクリエイションを生み出し、時代を変えていくのか楽しみだ。そんな若い世代の可能性をうまく引き出せるように自分も時代に合わせた成長をしていかなければならない。

ATOMIC BLONDE

映画アトミックブロンドを観た。

この映画、ぜんぜん期待せずに観たのだが、かなりおもしろかった

とにかく、シャーリーズ・セロンがかっこいい話。

舞台はベルリンの壁崩壊が迫った、1989年。

主人公であるMI6のスパイが、命を狙われながらも、目的の情報をつかむために、活躍する話。MI6 KGB CIA の三つ巴の戦いの中で、主人公スパイが仕掛ける戦略とは、、、。

最後まで目が離せず、どんでん返しもあり。見応え十分だった。

KINGDOM

映画キングダムを観た。

コミックから映画の作品はけっこう失望するものが多いけど、これは結構うまくいっているのではないかと思った。

特に、大沢たかおが役にかなりはまっていたと思う。

コミック見ている人は観てみても損はない。

★★★

Shot Caller

映画ブラッドスローンを観た。

内容的には予告編が全てだが、なかなかに面白い。

そして、出てくる人がみんなマッチョ。

エリートで順風満帆な人生を生き、金融界で派手に生活してきた成功者が、飲酒運転により一瞬にして囚人となり犯罪の世界に身を落とす映画。

刑務所の中のギャングの世界に身を置かれる主人公。しかし、エリートはエリートどこの世界にも順応していく。その賢明な頭をつかって、自分の役割をまっとうしつつ地位をあげて、様々な犯罪をしながらもなんとか出所する。

しかし、結局は出所しても、犯罪者からは抜け出すことはできないことを知る。

最終的には自分が頂点に立つしかないことを理解した主人公は、、、

最初爽やか金融イケメンが、めっちゃマッチョのいかついギャングへ変貌。

そのフィジカルがすごい。出てくる人みんなめちゃくちゃ強そう。

戦いも基本裸でぶつかり合い。暇なときにはちょうど良い映画。

★★★