Posts in Category: art

HOU SAN CHU

虫つながりとでもいうのか、虫展のちょっと前に仕事ついでに寄り道した写真展。

放散虫。の写真展を見た。

放散虫はいわゆるプランクトンなのだが、ガラスの骨格でものすごく小さくて様々な形があり、謎の多いプランクトン。

5億年もまえから存在していて、その形により生きている年代がちがうという。

そして飼育が困難なため、何を食べているのか、どうやって増えているのかも謎という生物だ。

この様々な形、造形美はほんとに素晴らしい。

ふと立ち寄った写真展だけれども楽しかった。

MUSHI TEN

先日21_21 DESIGN SIGHTで開催中の、虫展へ。

虫地球上の生物の中の70%以上と言われている虫。そのデザイン性は他の生物と全くと言って良いほど一線を画していると思う。

そんな虫に焦点を当てた今回の展示は、さまざまな角度から虫を切り取っていて面白かった。

様々な虫を単純に展示しているものもただ見ているだけで楽しめたが、

ほかにもカブトムシを3Dプリンターでスケルトンにして再現したものや、シロモンクゾウムシの巨大な足だったり、3DCGで再構成した「ツバキシギゾウムシ」の解剖図などなど最新技術でよりわかりやすく虫を観察できる展示がよかった。

個人的に一番印象に残ったのはMAO MOTH LAOSという作品で、これはラオスの村、プークンを拠点に、アジアの蛾のフィールド研究とブレイクダンサーとして活動を行なう小林真大の一日を追ったドキュメンタリー映像なのだけれど、プー君という町は様々な蝶や蛾がいるのだけど、部屋の電気にあつまったたくさんの蛾とともに、そこからインスパイヤーされたダンスを踊るというもので、なんだかすごいエネルギーを感じる作品だった。

宇宙人説もある虫。

まだ見つかっていない虫はものすごい数いると言われているが、2050年には絶滅するとも言われている虫。この不思議な存在をじっくり観察できて、勉強になった。

SHIOTA CHIHARU

先日 塩田千春 魂がふるえる展 へ

塩田千春

1972 年大阪生まれ、ベルリン在住。2008年、芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。南オーストラリア美術館(2018年)、ヨークシャー彫刻公園(2018年)、スミソニアン博物館アーサー・M・サックラー・ギャラリー(2014年)、高知県立美術館(2013年)、丸亀市猪熊弦一郎現代美術館(2012年)、国立国際美術館(2008年)を含む世界各地での個展のほか、シドニー・ビエンナーレ(2016年)、キエフ国際現代美術ビエンナーレ(2012年)、横浜トリエンナーレ(2001年)など国際展参加も多数。2015年には第56回べネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館代表。※森美術館HPより抜粋

初期作品から最新作品までが網羅的に展示されているが、

やはりすごいのは糸を使った大空間。人のつながりや血のような赤い糸や焼けたような黒い糸の空間は圧倒的な没入感がある。

先日のボルタンスキー展は死を見つめ続けて、人間の膨大なメモリーを俯瞰しつつ見つめるような、静の空間だった。

こちらの塩田千春展では、血や皮膚、肉といった人の肉体のつながりを意識させて生命と動を感じる展示だった。

近いテーマを感じつつもアーティストによる人生経験とその咀嚼と表現の差が興味深かい。

両方とも六本木開催なので両方を見てみるのもおすすめ

Christian Boltanski

先日、クリスチャンボルタンスキー展へ。

生と死を見つめ続けた、その作品展はなんだかとても厳かな空間で、

見終わった後は礼拝をした後のような気分になる。

死とはなにか?高貴な人も一般人もあらゆる立場、人種にも、どの人々にも死は平等にやってきて、飲み込んでいく。

残るのは 静 のみ。 そんな作品たちが独特の空間を表現している。

面白かった。

作品は モニュメントシリーズ、心臓音のアーカイブ、ぼた山、保存室など

クリスチャン・ボルタンスキー
CHRISTIAN BOLTANSKI


1944年にパリで生まれる。1968年に短編映画を発表し、1972年にはドイツのカッセルで開かれた国際現代美術展のドクメンタに参加して以降、世界各地で作品を発表する。1990年代以降は大規模なインスタレーションを数多く手がけるようになる。1990–91年にICA, Nagoyaと水戸芸術館で個展を開催。以来日本とも密接な関係を築き、「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」(新潟)には第1 回から参加し、2010年に「瀬戸内国際芸術祭」(香川)が開かれた折には《心臓音のアーカイブ》を豊島に開館する。2001年にはドイツでカイザーリング賞を、2006年には高松宮殿下記念世界文化賞を受賞。現代のフランスを代表する作家として知られる。

※国立新美術館HPより引用

Yves Saint Laurent

映画「イヴ・サンローラン」(2010年公開)を観た。

イヴ・サンローランの生涯のパートナー、ピエール・ベルジェが語る二人の深い愛とイヴの孤独を振り返る物語。2008年にイヴが亡くなった後に撮った作品。

Diorのデザイナーとして彗星のごとく現れた一人の青年が、瞬く間にスターデザイナーになり、YSLを立ち上げて成功し、衰退していくまでの時の流れを、イヴのすぐそばで共に歩んできたパートナーが語る内容となっている。

この映画ではその人生の歩みももちろん興味深いが、ファッションの部分だけでなく二人が所有した膨大なアートや美しい家にもスポットが当たっている。

最愛のパートナーとして互いに依存するようにいた二人が、信じられないような価値のあるアートが所狭しと並び、外界と遮断された高貴で神秘的で咽ぶような豪邸でどのような暮らしをしていたのかを想像しながら観ることができる。

特にアートについては圧巻で、2009年にクリスティーズ・パリで行われた「イヴ・サンローランとピエール・ベルジェ」コレクションでは、それまでの個人によるオークションの落札総額の最高額を更新。トータル落札価格4億4300万ドル(約448億円)は当時ニュース等で大きく取り扱われた。

映像の中でも、ピカソ、マティス、ロートレック、ピエト・モンドリアン、マルセル・デュシャン、ウォーホール、フェルナン・レジェなどなど錚々たるアーティストのアートが並ぶ。

印象的だったのは、オークションの準備に向けて、その邸宅の中から次々と美術品が運び出されていく時のピエール・ベルジェの哀愁。二人の歩んできた時間と濃度がよく伝わる。最愛のパートナーが付き添っていたが、イヴは最後まで孤独を抱えて生きた。才能があるが故の孤独、そしてそれが故に荒れていく生活。孤高と孤独の間に生きた一人の天才とそれを理解しそばに付き添い続けたパートーナーの哀愁が膨大な美術品と世界中にあるすばらしい屋敷を通して感じる作品だった。

ピエール・ベルジェは2017年9月に、闘病の末死去。

モロッコのマラケシュとパリにあるサンローラン美術館がもう少しでできるというところだった。最後までパートナーを想った人生だった。

個人的にはとても興味深い作品だった。イヴ・サンローラン関連の映画は他にも公開されているので観てみたいと思った。

★★★

SENSE OF HUMOR

先日、21_21 DESIGN SIGHT で開催中の「ユーモアてん」に立ち寄った。

http://www.2121designsight.jp/program/humor/

こちらの展示。ディレクターは浅葉克己さん。

ユーモア展とはしているが、浅葉さんが世界各地で集めてきた、そして体験してきた様々なものを一堂に展示していたり、浅葉さんそのものの展示会と言った感じだ。

また、さまざまなアーティストやディレクターの作品が、ユーモアという視点で集められていて目が楽しい展示会になっている。

浅葉さんや細谷さんがライパブで手がけた往年のさまざまな広告の展示があると思えば、浅葉さんと親交が深いロンアラッドの作品などもある。(ロンアラッドは基本的に椅子やオブジェのイメージなので、こういった作品は個人的には興味深かった)

福田繁雄さんの視差を利用した作品、中村至男さんのフラットで印象的なイラスト作品、井上嗣也さんのポスター、仲條正義さんの作品などなども楽しい。

そしてもう一つの側面として、浅葉さん自身の趣味の側面とも言える

卓球 と トンパ文字 これらについても展示されている。

会場には大きな卓球台(フランスのアートディレクター、ダミアン・プーランデザイン)も置かれていて自由に遊べる。GWには卓球大会も開かれたとか、、。

難しい哲学的な展示も面白いけれども、こういったおもちゃ箱をひっくり返したような展示も楽しくて良いなぁと思った。

次は、井上嗣也さんのgggの展示に行ってみたいなぁ。

Helvetica Now

なんと、ヘルベチカの進化版、Helvetica Now がついに発売。

世界中の交通機関やさまざまなサイン、企業ロゴに使われ、今なおフォントの王様ヘルベチカ。そんなフォントの最新版がリリースということでデザイン界ではBig News となっている。

現代の使用用途に合わせて改善したHelvetica Now は、webを含めたあらゆるデバイスやメディアで使われることを想定し、使用サイズによる読みやすさを追求し、Display / Text / Micro の3サイズ展開をしている。従来あったオリジナルをより現代版にアップグレードした感じだ。

Helveticaは水のようだ。 

Helveticaについて表現した有名な言葉だが、それこそDIN やNeutraface、 Klavika のような様々な現代らしいサンセリフ書体が溢れるこの時代にHelveticaがまた唯一無二のスタンダードで水のような存在になるのか楽しみなところだ。

早速手にいれたいので、また使ってみたら感想を書きたい。

これから、めちゃくちゃ使うことになりそうだなぁ、、、。

https://www.monotype.com/fonts/helvetica-now/

Helvetica Now from Monotype on Vimeo.

VIVIVIT TEN

先日、優秀な新卒デザイナーに会うべく選ばれし美大生の作品を展示するvivivit展へ。

学生時代からかなりやり込んでいる人が多く、話ができてよかった。この中のなるべく多くの学生に応募してもらえるといいなぁと思った。

今の学生の作品はグラフィックに止まることはまずなく。web展開はもちろん、アプリ、実体験のイベント、空間、動画制作など幅の広いクリエイションの作品作りが当たり前になっている。

AIがデザインの領域にも入ってきていて、メディアをまたいだ総合的なクリエイティブの考え方が求められている時代。

当たり前にスマホやSNSを使って育ってきた彼らが、どんなクリエイションを生み出し、時代を変えていくのか楽しみだ。そんな若い世代の可能性をうまく引き出せるように自分も時代に合わせた成長をしていかなければならない。