Posts in Category: diary

思ったこと

Helvetica Now

なんと、ヘルベチカの進化版、Helvetica Now がついに発売。

世界中の交通機関やさまざまなサイン、企業ロゴに使われ、今なおフォントの王様ヘルベチカ。そんなフォントの最新版がリリースということでデザイン界ではBig News となっている。

現代の使用用途に合わせて改善したHelvetica Now は、webを含めたあらゆるデバイスやメディアで使われることを想定し、使用サイズによる読みやすさを追求し、Display / Text / Micro の3サイズ展開をしている。従来あったオリジナルをより現代版にアップグレードした感じだ。

Helveticaは水のようだ。 

Helveticaについて表現した有名な言葉だが、それこそDIN やNeutraface、 Klavika のような様々な現代らしいサンセリフ書体が溢れるこの時代にHelveticaがまた唯一無二のスタンダードで水のような存在になるのか楽しみなところだ。

早速手にいれたいので、また使ってみたら感想を書きたい。

これから、めちゃくちゃ使うことになりそうだなぁ、、、。

https://www.monotype.com/fonts/helvetica-now/

Helvetica Now from Monotype on Vimeo.

VIVIVIT TEN

先日、優秀な新卒デザイナーに会うべく選ばれし美大生の作品を展示するvivivit展へ。

学生時代からかなりやり込んでいる人が多く、話ができてよかった。この中のなるべく多くの学生に応募してもらえるといいなぁと思った。

今の学生の作品はグラフィックに止まることはまずなく。web展開はもちろん、アプリ、実体験のイベント、空間、動画制作など幅の広いクリエイションの作品作りが当たり前になっている。

AIがデザインの領域にも入ってきていて、メディアをまたいだ総合的なクリエイティブの考え方が求められている時代。

当たり前にスマホやSNSを使って育ってきた彼らが、どんなクリエイションを生み出し、時代を変えていくのか楽しみだ。そんな若い世代の可能性をうまく引き出せるように自分も時代に合わせた成長をしていかなければならない。

ATOMIC BLONDE

映画アトミックブロンドを観た。

この映画、ぜんぜん期待せずに観たのだが、かなりおもしろかった

とにかく、シャーリーズ・セロンがかっこいい話。

舞台はベルリンの壁崩壊が迫った、1989年。

主人公であるMI6のスパイが、命を狙われながらも、目的の情報をつかむために、活躍する話。MI6 KGB CIA の三つ巴の戦いの中で、主人公スパイが仕掛ける戦略とは、、、。

最後まで目が離せず、どんでん返しもあり。見応え十分だった。

KINGDOM

映画キングダムを観た。

コミックから映画の作品はけっこう失望するものが多いけど、これは結構うまくいっているのではないかと思った。

特に、大沢たかおが役にかなりはまっていたと思う。

コミック見ている人は観てみても損はない。

★★★

God’s pocket

映画 ゴットタウン 神なきレクイエム を見た。

最低な街に最低な人間が最低な毎日を暮らしている。

そこで、ある日死んだくそみたいな若者の死をめぐる物語。

フィリップ・シーモア・ホフマンの最後の主演映画。

よそ者を受け入れない、田舎の貧乏で危険な街で、そこから抜け出せない人々が、日々あしをひっぱりあう倦怠感満載の映画。

雰囲気がとてもある映画で個人的には好きだった。

フィリップ・シーモア・ホフマン の最後の主演映画。

なんだか、それも物語のようだ。

★★★

Good Design Company 20th

http://rcc.recruit.co.jp/g8/exhibition/201809/201809.html

Good Design Company が20周年ということで、
銀座ギャラリー8で展示をされていて、
自分は水野学さんが好きなので、
あっちのほうでの打ち合わせ途中に見に行かせてもらった。

docomoIDとか、宇多田ヒカルのポスター、ルミネなどのすこし初期作品から、
中期の、くまもん、六本木ミッドタウン、だったり
中川政七商店、相鉄線など最近の作品もありつつ、
そしてずっと続けている、ラーメンズのポスターなどなど、
かなりの量があり、見ごたえあった。

自分がデザイナー駆け出しの時には、
TOKYO SMART DRIVE のポスターや 飲料の903のパッケージなどを見て、
すごくシンプルなデザインのなかに意味と理屈がしっかり詰められていて、とても勉強させてもらった。

デザインには意味と意思がある。

ということを教えてくれた方の一人でもある。

同じ湘南地区出身ということもあり、
勝手に共感していたりもするが、、
これからもいろいろなものを生み出していただきたい。
20周年おめでとうございます。

JOJO

こちらも少し前のことになるが、JOJO展を見にいった。
http://jojoex-2018.com/

ライバル同士の戦いばかりを集めた原画展示や
ハイボルテージという最高潮ばかりを集めた展示など
JOJOファンが楽しめる内容が満載で
すごく濃厚で楽しかった。

音声ガイドでは荒木先生の生の解説が聞けるので、
どういう風に作品を作ったのか、
その時の気分や背景まで知ることができてオススメだった。

個人的にはやはり今回の原画展のために書き下ろしたという
12使徒を意識して描いた12枚の
等身大のパネルがとても見ごたえがあった。

11月後半からは大阪で開催らしいが、
非常にオススメだ。

ROKUSAN TEI

先日、道場六三郎さんのお店。
ろくさん亭に連れて行ってもらった。

いろいろいう人も多い店らしいけれども、
自分的には、味もサービスもばっちりで、美味しく楽しめました。

料理はかなり挑戦的なものも多く、王道だけじゃない感じが楽しかった。
お店も個室だったのもあり、すごく居心地良く。
接客もよかった。

帰りにはチーズ味噌漬のおみやも買って、
大満足だった。