Posts in Category: movie

Maradona

映画 マラドーナを観た。

マラドーナのこれまでのサッカー人生について取り上げると共に、マラドーナ自身のプライベートに密着取材した記録映画。

とても興味深い内容で、見ごたえがあった。

感想をまとめると、とにかくこの人はサッカーのスキルだけでなく、強烈なカリスマ性を兼ね備えた人物だということ。

そしてその存在は、いちサッカープレーヤーを超えていて、革命家や思想家、はたまた教祖と呼ぶにふさわしい。

実際本人の思想がそちら側だからということもあるが映画を観ているとマラドーナはチェゲバラやカストロにならぶような存在に見えてくる。

実際映画内では マラドーナ教 というものも出てきて、マラドーナを崇め流人たちがたくさん出てくる。センタリングを手で決める儀式的なものもあってうけるがww

麻薬、女性問題、心臓病などなど、いろいろな問題を起こし、トラブルも多いマラドーナだが、、、映画を通して、マラドーナ本人の人柄、そして世間がもとめるマラドーナという巨大な存在。そこに群がる人々が見えてきて、いまあるマラドーナがどのようにできてきたのかを知ることができる。

とても興味深い映画なので、マラドーナ好き、サッカー好きは是非ともおすすめだ。

マラドーナ ★★★★

Once Upon a Time in Hollywood

ワンスアポンアタイムインハリウッド を観た。

結論から言うと非常におもしろかった!

まず、ディカプリオとブラピがさすがの演技力。とても魅力的だった。

ディカプリオは往年のアクション俳優。時代の変化についていけず、過去の成功にしがみついていて、自分を大きく見せたいが実際は自信がない。

ブラピは長年その俳優のスタントマンとして働いてきたが、その性格ゆえになかなか仕事がきまらない。ところが、富や名声は関係なく自分の気のすすむまま自由奔放に生きていて、自信に満ちている。

それぞれのコントラストが明快で物語に吸い込まれていく。

さらに当時のハリウッドやアメリカの空気感をCGを使わずに再現しているので、映画全体に漂う空気感が非常にエモかっこいい。

そこに来て、いろいろなアーティストやアメリカ社会に影響を与えた、マンソンファミリーを登場させつつも最後はいじってオチをつけているのがタランティーノらしく。

とてもとても楽しめた作品だった。

ワンスアポンアタイムインハリウッド ★★★★

YOUR STORY

https://dq-movie.com/

かなり前のことになるが、ドラクエの映画 Your Story を観た。

ドラクエVの3D映画なのだが、ストーリー自体はゲームを忠実に再現しながら進んでいくので特に新しい発見はなく、ゲームの世界を懐かしみながら楽しむ無いようになっている。

ただ、この映画 賛否が分かれていてかなり物議を醸しているのだが、

なぜかというとそれは終わり方がひとくせあるから。

それをどう捉えるかによって、良いと思うか悪いと思うかがかなり別れる。

個人的には最後があるから映画として成立しているので、良いと思う。

逆に最後がなかったら単なるゲームを3Dで再現しました。になってしまう。

何れにしても、わざわざ映画館で観るほどではなかった内容だったけれども、

ドラクエVを楽しんだ世代は観てみてもいいかもしれない。

ドラゴンクエスト ユアストーリー ★★

Yves Saint Laurent

映画「イヴ・サンローラン」(2010年公開)を観た。

イヴ・サンローランの生涯のパートナー、ピエール・ベルジェが語る二人の深い愛とイヴの孤独を振り返る物語。2008年にイヴが亡くなった後に撮った作品。

Diorのデザイナーとして彗星のごとく現れた一人の青年が、瞬く間にスターデザイナーになり、YSLを立ち上げて成功し、衰退していくまでの時の流れを、イヴのすぐそばで共に歩んできたパートナーが語る内容となっている。

この映画ではその人生の歩みももちろん興味深いが、ファッションの部分だけでなく二人が所有した膨大なアートや美しい家にもスポットが当たっている。

最愛のパートナーとして互いに依存するようにいた二人が、信じられないような価値のあるアートが所狭しと並び、外界と遮断された高貴で神秘的で咽ぶような豪邸でどのような暮らしをしていたのかを想像しながら観ることができる。

特にアートについては圧巻で、2009年にクリスティーズ・パリで行われた「イヴ・サンローランとピエール・ベルジェ」コレクションでは、それまでの個人によるオークションの落札総額の最高額を更新。トータル落札価格4億4300万ドル(約448億円)は当時ニュース等で大きく取り扱われた。

映像の中でも、ピカソ、マティス、ロートレック、ピエト・モンドリアン、マルセル・デュシャン、ウォーホール、フェルナン・レジェなどなど錚々たるアーティストのアートが並ぶ。

印象的だったのは、オークションの準備に向けて、その邸宅の中から次々と美術品が運び出されていく時のピエール・ベルジェの哀愁。二人の歩んできた時間と濃度がよく伝わる。最愛のパートナーが付き添っていたが、イヴは最後まで孤独を抱えて生きた。才能があるが故の孤独、そしてそれが故に荒れていく生活。孤高と孤独の間に生きた一人の天才とそれを理解しそばに付き添い続けたパートーナーの哀愁が膨大な美術品と世界中にあるすばらしい屋敷を通して感じる作品だった。

ピエール・ベルジェは2017年9月に、闘病の末死去。

モロッコのマラケシュとパリにあるサンローラン美術館がもう少しでできるというところだった。最後までパートナーを想った人生だった。

個人的にはとても興味深い作品だった。イヴ・サンローラン関連の映画は他にも公開されているので観てみたいと思った。

★★★

Ai ga nanda

映画、「愛がなんだ」 をみた。

こちらの映画70館くらいから始まり、口コミで人気が広がり、140館くらいまで広がりを見せている。

知人がプロデューサーをしている映画で、面白そうだったので観た。

好きな人のために いいなりの都合のいい女になってしまっている主人公。

逆に自分を好いてくれる男を都合のいいように振り回す、主人公の親友。

そして、主人公の好きな男もまた、好きな人に振り回される。

登場人物のそれぞれが、恋愛に振り回されて、もやもやとしながらも日々は過ぎていく映画。

20代後半から30代の、もやもやした恋愛体験が追体験できる映画。

仕事と恋愛のバランスだったり、結婚への意識だったり、そういったこと全部から逃げたい現実逃避感だったり、自分の能力への自信や不安だったり、その空気感がうまく表現できている映画だった。

女子におすすめ。

ATOMIC BLONDE

映画アトミックブロンドを観た。

この映画、ぜんぜん期待せずに観たのだが、かなりおもしろかった

とにかく、シャーリーズ・セロンがかっこいい話。

舞台はベルリンの壁崩壊が迫った、1989年。

主人公であるMI6のスパイが、命を狙われながらも、目的の情報をつかむために、活躍する話。MI6 KGB CIA の三つ巴の戦いの中で、主人公スパイが仕掛ける戦略とは、、、。

最後まで目が離せず、どんでん返しもあり。見応え十分だった。

KINGDOM

映画キングダムを観た。

コミックから映画の作品はけっこう失望するものが多いけど、これは結構うまくいっているのではないかと思った。

特に、大沢たかおが役にかなりはまっていたと思う。

コミック見ている人は観てみても損はない。

★★★

God’s pocket

映画 ゴットタウン 神なきレクイエム を見た。

最低な街に最低な人間が最低な毎日を暮らしている。

そこで、ある日死んだくそみたいな若者の死をめぐる物語。

フィリップ・シーモア・ホフマンの最後の主演映画。

よそ者を受け入れない、田舎の貧乏で危険な街で、そこから抜け出せない人々が、日々あしをひっぱりあう倦怠感満載の映画。

雰囲気がとてもある映画で個人的には好きだった。

フィリップ・シーモア・ホフマン の最後の主演映画。

なんだか、それも物語のようだ。

★★★