Posts in Category: Travel

THAI 02

タイの旅行紀行を書こうと思っていたけれど、
もう今年も終わりそうなので、
あきらめてささっと振り返りますよ。

面白かった事。

Week End マーケット
小さなテントの個店が何千?も連なる、ものすごい大きな市場。
雑貨、洋服、アクセ、ペットまで、何でも売っていた。

とても広くて、人の熱を感じられた。

ご飯はめちゃくちゃ旨いと思った。
特に三日目に食べた、エビはすごかった。

三日間最高級店で、お腹いっぱい食べて飲んだけど、
それでもだいたい一食800バーツ。(2400円くらい)
ワタミで控えめに飲んだくらいか。

あとは、夜の街もすごい熱気。
イルミネーションや街の雰囲気も、怪しい感じで面白かった。
こないだ紹介したIn to the voidの映画に出てきそうだった。

トゥクトゥクとの交渉とか、
財布を失くして、戻ってくる奇跡とか、
デモを間近で見れたり、
まあ、十分に楽しんだ旅立った。

また、どっか旅したいなぁ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

THAI 01

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

先日、先輩クリエイターの友人2名と急に行く事に決まったタイへ。
タイ。めちゃくちゃたのしかった。
カオスとはまさにこのことか。
やはり行ってみないとなにもわからないね。
生の空気、温度、人々の勢い、香り、ごはん、街、すべてが刺激だった。

初日
行きの飛行機は今まで乗った飛行機の中で一番苦しかった。
劣悪な環境過ぎて、、、

日本時間の深夜に出てタイには早朝に着く。
ホテルに荷物をあずけて、外出。
まずはワットポーへ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
タイの移動手段は
電車
地下鉄
BTS(モノレール的な)
タクシー
トゥクトゥク
スクーター

三日間BTSがメインの移動手段だったが、
初日からBTSに乗り、
途中駅からはワットポーまで船に乗った。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

BTSは正直日本より進んでいる。
てか、街も高層ビルがバンバン建っている。建設中のビルも多い。
たぶん景気が良いのだろう。
すごい近代的な街が目の前に広がる。
もっと北斗の拳の街のような風景を想像していたが、
非常に近代的な国だと思った。

BTSも至る所にデジサイが設置されていて、
もちろん車内にもモニターがあり、CMがひっきりなしにかかっている。
日本企業が多いせいもあり、日本のCMも多い。
きゃりーぱみゅぱみゅがたくさんでていた。

で、ワットポー
非常に大きなお寺。
涅槃仏を観る。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

非常に大きく、足の裏がこっている。
あまりパワーを感じるスポットではなかったが、、、
ワットポーのなかに最高のマッサージ屋があると聞き
さっそく行きの疲れをとりにいく。

まじですごかった。
三日間まいにちタイのマッサージをしてもらったが、
ここがやはり一番だった。

まあ、やってくれたおばちゃんはしんじられないくらい鼻毛ぼーぼーだったけど
マッサージはやはりおばちゃんが上手い。
鼻毛の数だけ場数がちがうってなもんだ。

ということでワットポーを楽しみ、ホテルに戻ってチェックインする。
今回のホテルはエグゼクティブスイートを取ってくれたので、
かなり豪華。
リビングだけで30帖くらいはあったかも。

夕方まで昼寝する。

※つづく

SUMMER HOLIDAYS

今年の夏休みも残るところあと一日。
うむ。
終わりたくないなぁ。
とても楽しかったなぁ。
.
今年は千葉の海へ。

海からほど近い、リゾートマンションを改造した、
キッチンも付いているホテルを予約して海を満喫。
プールも付いていて、家族連れで行くと良いかも。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
.
.
初日は、海水浴場ではない延々と続く九十九里浜の
波打ち際を歩く、歩く。
.
裸足で波で冷えた砂の上を歩くことの
なんと気持ちよい事か。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
.
この夏の人が多い時期に、
コレだけキレイな浜辺を
何キロもゆったりと歩くというのは
九十九里浜ならではで、
海もとてもキレイだし、とても良かった。
.
.
二日目は、海水浴場で過ごす。
.
ビールを飲みながら、
たまに海にいったり、
本を読んだり、
昼寝したり、
かき氷を食べたりと、
ゆったりと過ごすが、さすがにすごい日差しで、
焼ける焼ける。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

.
こちらの海の家はとても良心的。
シャワーもタダだし、
海の家でも100円で入れる。
かき氷もでかいww
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この大きさで400円
.
ビールとかご飯も
ぼったくるような値段ではなく、
普通の値段。
.
みんな優しいし、
たちの悪い感じの人はいない。
海水浴場でもひとはちょうど良い量で、
芋洗いのような状態ではなく。
気持ちよかった。
.
.
今回は電車で行ったのだけれども、
海からの帰り駅までの道を
海の家の方に聞くと、
駅までは少しあるからと言って、
なんと!!
海の家の方が駅まで送ってくれた。
.
ぜんぜん30分くらい歩く気満々だったのだけど
ほんとにありがたかった。
.
絶対またあの海の家に行こうと思った。
.
PS:ということでかなりの黒さになった。

HOKKAIDO_05

月をまたいでしまったが、北海道最後。
三日目。
最後の日は、札幌から一路旭川へ。
目的はもちろん、旭山動物編。
途中、チーズはんぺんみたいなものを道の駅で食べたのだけれど、
これが半端無くうまくて、東京でお取り寄せできたら売れるのにと思って調べたがいまのところ無い。
残念。

そして、今度こそ旭山動物園へ。
いやー楽しかった。
やっぱり見せ方が非常に良かった。
シロクマのところとかマジで近くで写真とれるし。
猛獣も触れるくらいの距離にいたり。
この日はすごく暑くて北海道なのに28度になり、動物たちも疲れていたがww
まあ、展示は申し分無かった(カバ以外)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

旭山動物園はいろいろな所に手作り感があって、デザイン感度を刺激された。
なかなかにうまい崩し方を随所にしていてよかった。
まあ、

と、、
.

そんなこんなで、最後は空港に余裕をもって到着。
へとへとにつかれて、
空港でさんざん飲んで、昼寝して、爆睡しつつ、飛行機に乗り帰った。
.
.
今回の旅を振り返って。
今回は、省略した用事もあったしそれが旅の理由だったのだけれども
とても北海道を満喫出来た。
やはり車で移動したのが大きかったのかもしれない。
普段見れない北海道の原風景や、見過ごしてしまう場所やふと気になった場所も車だと止まったり、
観たり、眺めたりできる。
いつも、旅行に行くとその土地よりもホテルや、なんやでゆったりとした時間を楽しむタイプだけれども、
こんな感じで予定を詰め込んで、その土地にぶち当たっていく旅も面白いと思った。
.
いずれにしても、とても楽しい三日間だった。
また、北海道にも行きたいな。
今度は旭川からさらに北へ行ってみたいものだ。
.
そして、年内にも今度は海外へ行きたいものだ。
ありがとう。北海道!

HOKKAI-DO 04

大沼から4.5時間、ついに札幌到着!
札幌駅近くのホテルをとっていたので、
しばらく休んでから駅前散策とご飯へ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

有名な旧庁舎を抜けて、
繁華街 すすきのへ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

でっかい、アーケードがいくつも通っていて、

歌舞伎町みたいなピンクな感じががんがんだと思っていたけど、

ピンクなのは奥の方で手前は、吉祥寺みたいだったww
.
.
で、目的の場所はここ!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
.
「はちきょう」さん。人気店だ。

平日月曜日でさらに、

18時オープンで17:40分に着いたけどもう人が並んでいた。 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まずは、サラダやウニを堪能する、、、、

うまい!

しかーし!ここの魅力はこんなもんではない。

なんといっても 有名なコレ!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

つっこめしといって、お店の人がとことん目の前でいくらをもってくれるという丼!!!
こんな感じで エイサー エイサー エイサー エイサー と、、、

めちゃくちゃうまかった!

大満足で店を出るが、出る頃にはお店は満席でごった返していた。

すごいな。はちきょう!!

その後いったんホテルに戻り、ゆっくり昼寝(夜寝)して、

夜。札幌といったら、札幌ラーメンだろうということで、

近くにある がんてつ というラーメン屋さんへ。

gantestu

なんでも 北海道7天皇とかなんとかに入るラーメン屋さんみたい。

こちらもうまかった。

そして、ホテルに帰って、

大沼で買った大沼ビールをごくごく

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

怒濤の運転と、食の日だった。

、、、、

夜は泥のように眠る。

2日目終了。

そういえば、朝宿を出るときすごいかわいい猫の親子を発見。

これも良い思い出。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

HOKKAI-DO 03

さて、二日目
朝起きて、ゆっくり出発。
函館を後にし、
一時間ちょっと車を飛ばして、大沼国定公園に着く。
.
ここは大沼と小沼という二つの湖があり、景色が非常に良い。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
まずは有名な大沼団子というおだんごを沼の家というお店で食べて、一服。
.
それから公園散策をする。
レンタルサイクルとか、ボートとかいろいろあるようだが、時間もあまり無いので、
遊覧船で大沼を30分かけてかるく回ってもらう。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
.
湖面から、近くにある駒ヶ岳を眺めるその眺めが実に奇麗。
.
また、湖には40以上の小さな島があるので、それらを見たり、そこにあつまる水鳥を見るのもいやされる。
.
大沼公園はじゅんさいがとれるらしく、漁師さんはじゅんさいを育てたり、川エビ漁をしたりして夏は生計を立て、冬は湖面に張った氷を掘って、ワカサギ漁をして稼ぐとか。
.
冬になるとこの広大な湖には厚さ50センチ以上の氷が貼って、上をスノーモービルで走れるんだとか。冬も行ってみたいものだ。
.
そのあとはジャガイモやホタテ焼きや牛乳を飲んで軽い昼食。

hotatenuma
.
そんなこんなで、午前中は自然を満喫して大沼公園を後にする。

そして、午後、午後は広大な北海道の大地をきもちよーく、車をかっ飛ばして

一気に札幌まで、怒濤の270キロのドライブ!!

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

そして2日目はさらに続いていく、、、。

HOKKAI-DO 2

いったん宿に戻って休んだ後、
函館のメインイベントへいざ向う。
.
また路面電車に乗って、今度は函館駅へ。
(昼間とはまた違うデザイン)
hakodate1
函館駅からバスで30分ほど、、、山を登る。
そう。
ミシュラン三ツ星の夜景、函館の夜景を箱館山から観る。
.

いってもこちとら東京に住んでますし、
六本木ヒルズしかり、だいたいの夜景スポットには行ったことあるし、
仕事ではアディダスの六本木ビル42階から、打ち合わせしながらお台場まで見渡す東京の
夜景をみることもあるし、
カヤックさんとのお仕事もしてるので、そちらに行けば、
あの立派なビルの30階近くから横浜は桜木町の夜景を観たり、
いつもかなりのレベルの夜景を日常的に観ている手ダレですからねぇ、
まあ、すごいとはいえ、それは田舎もんちゃんのご意見でしょうねぇという
上の上から見下ろす感じ目線で行ったわけだ
.
しかーし。
まあ、想像以上の奇麗さだった。
なんだこりゃ。って美しさ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

.
なぜビルとかは東京よりはるかに少ないのに、こんなに夜景が奇麗なのか、
そのポイントは2つ!(自社調べ)

1.うるうるが半端ない。

写真には映らないのだけれど、ウルウルしてます。光が。
そう、少女の瞳のように。ww
これが他と圧倒的に違う奇麗さを生んでる感じ。
多分、空気が奇麗だからこういった現象が生まれるのだろう。

2.くびれがすごい

やっぱり地形が良い。
くびれがあるところは左右で1kmくらいだとか。
まあこれがあるから、海に挟まれて光とのコントラストと、
絶妙な光の曲線美が生まれてるんだと思った。

ということで、日没直後から完全に暗くなるまでの1時間ばかり鑑賞し、
箱館山を後にする。

函館駅ちかくの居酒屋へ。

ついに、海鮮を食す!
ここの居酒屋さんはいけすから出してすぐさばいてくれるのですごく新鮮!
函館の名物でもある、イカを生きたままさばいてお刺身にしてもらう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

もちろん動いてる。
新鮮。
吸盤攻撃も体験。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

それから寿司。
特に貝系のネタがうまかった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

海鮮を堪能し宿へ。
.
.
宿は湯の川温泉の宿なので、もちろん温泉付き。
温泉で一日の疲れをいやしてもらい。
パッタリと
死んだように眠る。zzz

1日目終了。

HOKKAI-DO 1

片桐はいりさんの本の影響では無いのだが、北海道へ小旅行へ。
.
6月の北海道は関東がつゆの時期なのに対して、一年で一番気候が良く、暖かく、
つゆがないのでカラッとしていて最高。
ということで、
レンタカーでドライブしながらひたすら北へ行くプランで旅行会社に手配していただき、
いざフライト
.
まずは飛行機で函館空港に舞い降りる。
空港でレンタカーを借りて、一日目の宿へ車をかるく走らせる。
.
湯の川温泉という函館駅から30分ほどのところにある場所で宿を借りる。
.
昼過ぎには着いたので、市内を走る路面電車を捕まえて、函館駅に向っていると、、
「次はー五稜郭前」という電停(バス停の電車バージョンの呼び名らしい)がコールされる。
「ん?どっかで聞いたぞ。そうだるるぶに載ってたやつだ。」と何となく覚えていた名前をもとにおりてみる。
.
(路面電車はこんな感じ、いろいろなデザインのものがあって面白い)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

五稜郭はペリーの黒舟来航から4.5年後に徳川家の命を受けて、防衛を高めるために建設されたいわゆるペンタゴン型の城。
なんでも五角形は防衛しやすいらしく、世界各地に同一の形の城や軍事施設がある。
さっそく、その全貌を見渡すべく、函館を一望できる五稜郭タワーにのぼり、
本城直季よろしくな写真をパチり。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
.
その後、五稜郭本邸を当時のままに再現した建物を見学。
殿様が座っていた場所に座らせてもらう。
うむ、くるしゅーない。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
.
なんでもここは土方歳三が制圧した場所でもあるらしく、
歳三像がいろんなところにあったが、
僕はその昔、仕事の関係で豊田にいらっしゃる土方歳三のお孫さんである
女性にインタビューをした経験があり、
なんだか久々の歳三さんとのふれあいに懐かしさを覚えつつ、
もうすでに飛行機移動で疲れが見え始めていた僕は、
あの時代にこの人たちはものすごい行動範囲だし、さらに戦争していたとは、いやはやすごい体力だと
むだに感心してしまったりした。
(実際、ためになる歴史エピソードはこんな感じで、館内に模型展示されている。)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
.
まあ、そんなこんなで五稜郭で文化を学んで、頭使ったら、腹も減ったなあとか思いながら施設を出ようとしたら、
後で食べようと思っていた「五島軒」というカレー屋が目の前に!
この店本店は函館駅の方なのだけれど、たまたまこの施設に出店していて、
これは偶然ラッキー!
お昼はカレーを食べる。
なるほどこれは正統派高級カレーのお味。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
まずは北海道のグルメ一つ制覇!
.
帰り道、北海道では有名なヤバい外観の店、ラッキーピエロで
北海道なソフトクリームを買い、宿へ戻りながらぺろり。
さて早速2つめのグルメ制覇!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんな調子で幸先よい旅のスタートである。